2019年02月一覧

果糖が太りやすいのは解糖系でホスホフルクトキナーゼ1の調節を受けないから

かつては、脂質を摂取すると肥満すると言われていましたが、現在では糖質の方が太りやすいと言われるようになり、糖質摂取量を減らすことが肥満の予防や解消に効果的だとされています。

一口に糖質と言っても、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、脳糖(ガラクトース)など多くの種類があります。これらは単糖類に分類されますが、他に二糖類や多糖類といった分類もあります。

糖質の代表的存在はブドウ糖で、体内に入るとエネルギーが取り出されアデノシン三リン酸(ATP)が合成されます。しかし、エネルギー需要を越えてブドウ糖が体内に入ってくると、中性脂肪として蓄えられます。そのため、ブドウ糖は太りやすいのですが、それ以上に太りやすいのが果糖です。

続きを読む


糖質制限で体温が上昇するのは褐色脂肪細胞と関係がありそう

私が糖質制限を始めてから、それまでよりも体温が上昇したことは、以前にこのブログで報告しています。

なぜ、糖質制限をすると体温が上がるのか?

糖質制限をするとタンパク質摂取量が増えるので、その消化吸収でエネルギーを多く使うことが熱を発生させやすくしていると言われています。これは、体温上昇の理由の一つだと思います。でも、タンパク質摂取量の増加だけが、体温上昇の理由ではないでしょう。他にも、糖質制限をすると、多くの要因が組み合わさって、体温が上昇するのだと思います。

それら要因の一つとして、褐色脂肪細胞も体温上昇に関わっているのではないかと思うんですよね。

続きを読む


スロトレ7年4ヶ月経過報告

今年は暖冬だと言われていますが、やっぱり冬は寒いもので、朝起きるのが面倒に感じます。布団が恋しくて、ついつい寝過ごすことがありますね。

2月に入っても、まだまだ寒い冬ですから、あと1ヶ月は朝起きるのが面倒に思うことでしょう。でも、冬は着込めば寒さをしのげるので、暑い夏よりも、まだ過ごしやすく思います。しかし、足の指にできる霜焼けは、指が膨らんで靴がきつきつになるので勘弁してほしいです。

それでは、直近1ヶ月間のスロトレの成果を報告します。

続きを読む