工夫とアイデア一覧

大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/07/23)。東京オリンピックが開幕しても医療崩壊するとは思えないんだけど。

いよいよ東京オリンピックが開幕しましたよ。

私は、この記事を書くためにグラフや表を作っていたので、あまりテレビでオリンピックの開会式を見ていないのですが、それでも、あれだけのことをやろうと思ったら、相当な準備が必要なんだろうなということはわかりました。

オリンピックを開催するかどうかを1ヶ月前や2ヶ月前になって決定することは無理ですね。新型コロナウィルスの感染状況に関係なく、東京オリンピックを開催することは、ずっと前に決まっていたのでしょう。

大阪府では、新型コロナウィルスの勢いが再燃していますが、オリンピックの報道が多くなってきているので、興味を示す人が減っているように感じます。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/07/16)。6月末でコロナ禍は終焉したとみて良い。

大阪府のまん延防止等重点措置は継続、そして、東京都には緊急事態宣言が発出されました。

陽性者数が増加傾向にあることが理由ですが、そんなことは本来どうでも良く、医療崩壊を防ぐことが緊急事態宣言の目的だったはずです。それが、いつの間にか、感染者を出さないことに目的がすり替わってますね。

メディアも、陽性者数の増加ばかり報じて、重症者数が減っていること、なにより、高齢者の感染が激減していることは一切報じません。ワクチン効果で、日本のコロナ禍は6月末で終焉したと言って良い状況です。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/07/09)。ワクチンの効果が出始めたんじゃないの?

大阪府のまん延防止等重点措置が延長されるようです。東京に関しては、緊急事態宣言が再び発出され、どちらも期限は8月22日となるようです。

大阪も東京も、陽性者数が、じわじわと増えてきていますが、何か特別なことをする必要はないのですが。テレビを見ていると危険だと思う人もいるでしょうが、政府や自治体が公表しているデータを見れば、これから医療崩壊が起こることは、まず考えられません。

それは、大阪府の感染状況から明らかです。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/07/02)。陽性者数の減少が止まった。

大阪府のコロナ騒ぎは、少しずつ落ち着いてきているようです。

6月以降、陽性者数が増加する気配がありません。ただ、陽性者数の減少が下げ止まった感はありますね。コロナウィルスが消滅することは、そうそう考えられませんし、消滅するにしても長い年月が必要になるでしょうから、陽性者数がゼロになるのは期待しない方が良いでしょう。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/06/25)。重症者数が2月28日の水準を下回った。

6月21日から大阪府は、緊急事態宣言からまん延防止等重点措置に移行しました。少しばかり行動の制限が解かれましたが、いまだに飲食店では、厳しい制限が課されています。

このブログで、1月13日からずっと大阪府のコロナウィルスの感染状況を報告していますが、これまで、飲食店で感染が拡大しているという事実を見つけることができていません。むしろ、飲食店ではほとんど陽性者が出ていないので、大阪府の中で最も安全な場所の一つと言えます。

飲食店がコロナを拡散しているとのデマが、コロナ騒ぎの早い時期に流れましたが、これを疑おうとする人が少ないようですね。大阪府のデータを見れば、デマだと気づくのですが。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/06/18)。ウィルスの勢いが見られなくなった。

6月20日に沖縄県以外の緊急事態宣言の解除が決定しました。大阪府も、これで自由に動けるかと思っていたら、緊急事態宣言解除後は、まん延防止等重点措置に移行することになりました。

そう発表されてから、大阪府の陽性者数も重症者数も以前よりも減り始めています。この減り方なら、まん延防止等重点措置も必要なさそうなのですが。そもそも、人の動きが感染拡大の主要因ではないことは、これまでの陽性者の増減を見て明らかですし、国民も、うすうす感じていることでしょう。

人の動きを減らすこと以外の感染予防策を思いつかないのでしょうか。民間企業では、ウィルスを不活化する画期的な製品を開発しているんですけどね。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/06/11)。オリンピック開催で人が動くと感染が拡大するかを確かめられる。

全国的に新型コロナウィルスの感染が収まりつつあります。ワクチン接種も、大規模摂取会場では予約に相当数の空きが見られるようですから、希望者がワクチンを打てないことはなさそうですね。

これで、コロナ騒ぎが収まれば良いのですが。私なんて、2020年3月からマスクを着けずに外出しているので、心の中では、1年以上前にコロナ騒ぎは収束しています。

大阪府に出されている緊急事態宣言は、6月20日で解除予定ですが、その後はまん延防止等重点措置に切り替わるような話が出ています。オリンピックも始まるんだから、もう活動再開で良いと思うんですけどね。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/06/04)。陽性者数も重症者数も順調に減少を続けている。

大阪府の新型コロナウィルスの陽性者数が10万人を超えました。以前の記事で予想していた通り、マスコミが大々的に報じましたね。

大阪府の陽性者数は、日に日に減少しているのに悲観的な報道をするのは、マスコミの癖なんでしょうな。

さて、大阪府の新型コロナウィルスの陽性者数と重症者数ですが、この1週間でかなり減ってきました。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/05/28)。ファイザー製ワクチンを接種すべきか慎重に考えよう。

大阪府の緊急事態宣言が、6月20日まで延長することが決まりました。

昨年の緊急事態宣言よりも期間が長いのにお金をもらえないんだから、今回の緊急事態宣言の方が厳しい状況と言えます。

ワクチンの接種も本格的に始まっていますが、予約が取れない人が多いようですね。おそらく、朝からワイドショーを見ている人たちがコロナの恐怖から逃れたくて、医療機関や市役所に電話をかけまくっているのでしょう。もはや、正常な判断力を失っているようです。

そんな状況ではありますが、大阪府では、コロナの陽性者も重症者も順調に減っています。特に重症者数はこの1週間で一気に減りました。

続きを読む


大阪府の新型コロナウィルス感染状況(21/01/13-21/05/21)。施設での死亡者数は少ない。

大阪府の緊急事態宣言が延長になりそうです。陽性者数は順調に減っているのですが、重症者数がなかなか減ってこないので、延長せざるを得ないようです。

人の動きと感染拡大との間に相関関係が大して見られないので、緊急事態宣言に感染拡大をそれほど抑える効果はないと思うのですが。

さて、これまで大阪府では、施設での陽性者数が多かったことから、死者数も施設で多いのではないかと思っていたのですが、どうもそうではないようです。とりあえず、いつものように大阪府の感染状況を見ていきましょう。

続きを読む