アンチエイジング一覧

スロトレ9年7ヶ月経過報告

ゴールデンウィークですね。

春はあっという間に終わって初夏になりましたが、このところ、気温が低い日が続いています。3月に戻ったような感じです。暑くなるよりはましですが、自分の予想した気温と実際の気温に違いがあると、体の感覚がなんとなくおかしく感じます。

さて、毎月始めに1ヶ月間のスロートレーニングの成果を報告していますが、今回は1日早く報告します。

続きを読む


スロトレ9年6ヶ月経過報告

桜が満開。

今年は、例年よりも開花が早かったため、3月中に満開になっている地域が多いようですね。私が住んでいる地域も例年より10日以上開花が早かったため、3月に満開になりました。

今日から新年度ですが、桜が満開だと、前向きな気持ちになりますね。

それでは、最近1ヶ月間のスロトレの成果を報告します。

続きを読む


スロトレ9年5ヶ月経過報告

3月になり、いよいよ春が近づいてきました。冬から春に変わりつつある今の時期が、1年で最も清々しさを感じます。

新型コロナウィルスの感染拡大も収まってきましたから、これからは自由に出かけられる日が戻って来そうです。とは言え、まだ不安をあおる人がいるので、緊急事態宣言が解除されてからも、しばらくは活動を制限されるかもしれません。

それでは、1ヶ月間のスロートレーニングの成果を報告します。

続きを読む


体表バリアを壊さないことは誰にでもできる感染予防

病原体に感染しないために最も重要な身体の機能は何なのだろうかと考えた時、多くの人は抗体と言うのではないでしょうか?

確かにワクチンは、体内に抗体を作り、感染症の発症を防いでくれるので、抗体こそが感染予防の要と思うのは自然なことだと思います。

でも、抗体は、特定の病原体を排除するだけであり、今までに出会ったことのない病原体を排除することはできません。また、抗体は、種類にもよりますが、体内に病原体の侵入を許してからできるものなので、病原体の体内への侵入を防ぐ、いわば水際対策の役割を担っているわけではありません。

病原体の体内への侵入を水際で食い止めているのは、体表バリアです。

続きを読む


糖質制限とおせち料理問題

糖質制限をしていると、お正月のおせち料理を食べるべきかどうか、という問題に直面します。

おせち料理には糖質がたくさん含まれた食品が多く、重箱に所狭しと並んでいます。お腹いっぱい食べれば、血糖値スパイクを起こすこと間違いなし。

「1年の始まりにそんな不健康食を食べられるか」と思うものの、正月は、親戚づきあいなどで、食べるのを断るのが難しい場面が訪れるものです。

糖質制限をしている皆さんは、おせち料理問題をどう処理しているのでしょうか?

続きを読む


スロトレ9年3ヶ月経過報告

今年も残すところ、わずかとなりました。

今年はいったい何をしたのだろうか。

そんなことを思う年末。

コロナの話題ばかりで、1年間を無にしてしまったような気がします。

さて、毎月初めに報告しているスロートレーニングの成果ですが、元日はブログを更新できませんし、大晦日もどうなるかわからないので、いつもより2日早い12月30日に報告します。

続きを読む


免疫力は日ごろから細菌やウィルスと接すれば強化される

免疫力アップのための健康法が、近年、各種メディアでよく紹介されています。

それらの多くは、どの食品を食べれば良いといった内容だと思います。キノコ類を食べると免疫力が上がる。植物性食品に含まれるある成分が免疫力を強化する。香辛料が免疫機能を高める。そんな感じですよね。

これらの食品を食べることで、免疫力がアップすることは、何らかの研究で明らかになっているのでしょう。

でも、免疫力の強化には、食事だけでなく、日ごろから細菌やウィルスを体内に取り込むことも大切です。

続きを読む


清潔にしすぎると感染症に弱くなる

感染症の予防は、常に身体を清潔に保つことが大切と言われています。

確かに泥だらけの手で掴んだ食べ物を口の中に入れると、病原体まで一緒に体内に入って来るので、感染症にかかりやすくなるでしょう。しかし、蛇口をひねれば、いくらでもきれいな水を使える現代日本で、泥んこの手で食べ物を掴むことなど、ほぼありえません。

むしろ、清潔にしすぎて感染症にかかりやすい体を作っている人の方が多いでしょうね。

続きを読む



クエン酸回路の仕組みをわかりやすく説明するよ

人間は、エネルギーを自前で作り出して様々な活動をしています。

エネルギーの元となるのは、主に脂質、糖質、タンパク質の三大栄養素です。これらが口に入り、消化されて体内に吸収されると、体作りに使われるものとエネルギー利用されるものに分かれます。

ここで、エネルギー利用される三大栄養素は、細胞内のミトコンドリアに運ばれて、大量のアデノシン三リン酸(ATP)と呼ばれるエネルギー通貨が作り出されます。

このATP産生に重要な働きをしているのが、クエン酸回路(TCA回路、TCAサイクル)と呼ばれるミトコンドリア内での化学反応です。

続きを読む